Re: 【カタパルトゲート】の記事作成 ( No.21 )
日時: 2008/08/15 13:16
名前: P

融合素材1体あたりの攻撃力をExcelに計算させてみました。参考までに。
カード名                                    攻撃力 融合素材数 融合素材1体当たりの攻撃力 備考
《ユーフォロイド・ファイター》(素材:レインボー・ネオス)            5700  2      2850           レインボー・ネオスを素材としたとき
《究極竜騎士》                                 5000  2      2500           墓地の肥え方によって攻撃力UP
《レインボー・ネオス》                             4500  2      2250
《マスター・オブ・OZ》                            4200  2      2100
《鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン》(装備:《F・G・D》又は《究極竜騎士》)6000  3      2000           装備:《F・G・D》
《メテオ・ブラック・ドラゴン》                         3500  2      1750
《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》                       3200  2      1600
《Dragoon D−END》                          3000  2      1500           バーン付
《青眼の究極竜》                                4500  3      1500
《古代の機械究極巨人》                             4400  3      1466.666667
《超魔導剣士−ブラック・パラディン》                      2900  2      1450           墓地の肥え方によって攻撃力UP
《サイバー・ツイン・ドラゴン》                         2800  2      1400
《サイバー・エンド・ドラゴン》                         4000  3      1333.333333
《サイバー・オーガ・2》                            2600  2      1300
《アルカナ ナイトジョーカー》                          3800  3      1266.666667
《スーパービークロイド−ジャンボドリル》                    3000  3      1000
《F・G・D》                                 5000  5      1000
《スーパービークロイド−ステルス・ユニオン》                  3600  4      900

あと派生系については
1.ドラゴン族系(《究極竜騎士》・《F・G・D》・《青眼の究極竜》)・・・攻撃力の高い融合モンスターが揃っている。
2.機械族系(《キメラテック・オーバー・ドラゴン》《サイバー・ツイン・ドラゴン》) ---->ビークロイド系
 …素材モンスターが優秀で、コンボが成立しなくても戦えるように組める。
3.E・HERO系(《E・HERO エリクシーラー》)…元々のコンセプトが融合なのでコンボパーツが組み込みやすい。
4.D−HERO系(《Dragoon D−END》)…こちらも素材モンスターが優秀。

【オーバーマテリアル】と統合し、こんな感じでページを項目に分けてみるといいのではないでしょうか。